KC

霞ヶ関診療所 虎ノ門 循環器内科 不整脈

虎ノ門駅 9番出口より徒歩1分
霞ヶ関駅 C2出口より徒歩4分

循環器内科

霞ヶ関診療所 虎ノ門 循環器内科 不整脈

03-3501-7797
虎ノ門駅 9番出口より徒歩1分霞ヶ関駅 C2出口より徒歩4分

循環器内科

心臓・血管系の診療科

循環器内科で診療する循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを言います。ポンプの働きをする心臓、血液を各臓器に分配(動脈)し、回収(静脈)するパイプである血管が治療の対象になります。
したがって当診療科では、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤、動脈硬化などの血管の疾患を診療します。
また、循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、痛風(高尿酸血症)等)にも対応いたします。

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)
  • 不整脈
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 動脈硬化症
  • 心臓弁膜症
  • 大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症 など

こんな場合はご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、鼓動を強く感じる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 歩行時に足が痛くなり、休むと傷みが消失する
  • 失神した(気を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科で診療する主な疾患

動脈硬化症

動脈が硬くなると、血管のしなやかさが失われるために血液をうまく送り出せず、心臓に負担が掛かるほか、血管の内側が脆くなって粥腫(コレステロールや脂肪などと、血中にあるマクロファージと言われる免疫細胞が沈着したもの)ができ、血管の中が狭くなったり、詰まったり、また粥腫が剥がれて血液中を漂い、やがて細い血管を詰まらせたりします。
血管の内側が狭くなると、必要な酸素や栄養が全身に行き渡らず、臓器や組織が正常に機能しなくなります。さらに血管が狭くなって詰まると、臓器や組織に血液が届かず、壊死(組織が死ぬこと)する場合もあります。
また、血管が硬くなることで血管それ自体も脆くなり、破れやすくなります。
動脈硬化を抑えるには、血圧が高くなることで血管が傷つきやすくなる高血圧の治療に専念することが先決です。そのため、生活習慣の改善が急がれます。食事療法では、植物性脂肪を中心に摂り、肥満の解消に努めます。運動療法では、適切な運動を心がけます。また、薬物療法を行う場合は、脂質異常性を改善させる脂質代謝改善薬などが処方されます。

狭心症

狭心症は、心臓の冠動脈(心臓の上に冠のように載っており、心筋に酸素と栄養を供給している動脈)の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る疾患です。
主に動脈硬化のために冠動脈の血管が狭くなり、心臓への血流が一時的に滞るために発症します。狭心症を放置すると、やがて冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、生命にもかかわる危険な状態になったりします。狭心症の段階で、しっかりと治療しておくことが重要です。

心筋梗塞

冠動脈が詰まって血流が途絶えると、心臓の筋肉に酸素が供給されなくなり、やがてその領域の筋肉が死んでしまい(壊死)、心筋梗塞が発症します。
心筋梗塞になると、激しい胸の痛み、重い感じ、呼吸困難、冷汗、嘔吐などの症状が現れます。ただし、高齢者や糖尿病患者では感覚が鈍って胸痛を自覚しないこともあり、なんとなく元気が無い、また吐き気などが主な症状であったりすることから、見落とされるケースも少なくありません。

心臓弁膜症

心臓内部は、上下左右4つの部屋に分かれており、上の部屋を(左・右)心房、下の部屋を(左・右)心室と呼びます。左右の心室から全身に血液を供給する大動脈、肺に血液を供給する肺動脈という血管がそれぞれ延びています。この心房―心室の間と心室―動脈の間にある、扉のように開閉する構造物を「弁」と呼び、これらの弁に狭窄や閉鎖不全などが見られる状態を心臓弁膜症と言います。
心臓弁膜症は先天的に形態的異常がある場合や、加齢による変化、リウマチ熱の後遺症、動脈硬化、心筋梗塞などに伴って生じる場合があります。
心臓弁膜症が進行して弁の機能が落ちると、次第に心臓の負担が増え、息切れや倦怠感などの心不全症状が現れてきます。

大動脈瘤

全身に血液を送っている大動脈はヒトの体の中で最も太い血管で、心臓から上向きに出た後、頭や腕などに血液を送る3本の血管を枝分かれさせながら弓状に左後方へと大きく曲がり、背骨の前面に沿うようにしながら腹部方向へと下っていきます。心臓から横隔膜までを胸部大動脈、横隔膜から下の部分を腹部大動脈と言います。
大動脈にはいつも血圧が掛かっているので、動脈硬化などで弱くなった部分があると、瘤(こぶ)ができやすくなります。血管の壁が薄くなって大きく膨らんでくる病気が動脈瘤で、生じた場所によってそれぞれ胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などと称されます。大抵の大動脈瘤は、径の拡大の進行が緩やかなために、初めはほとんど無症状です。特に、胸部大動脈瘤では自覚症状が乏しく、胸部X線写真の異常な影によって初めてわかることが少なくありません。
大動脈瘤で怖いのは、なんと言ってもその破裂です。一度破裂すると、激烈な胸痛や腰痛、大出血による意識障害などが引き起こされます。破裂した場合の致死率は、80〜90%にも上ると言われます。したがって、破裂前に治療するのが鉄則です。破裂のしやすさは、大動脈瘤の径の大きさにより判断され、もちろん径が大きいほど破裂しやすくなります。